会議

業務効率向上のために|オフィス家具の見直しから始めよう

東京で開業を

ビル

東京でお仕事をはじめる場合、最初にのしかかってくる問題が金銭面での問題です。東京は日本の首都であり、最も栄えている街です。そのため、東京に本社を持つということはそれだけでステータスになりますし、ビジネスチャンスも多いです。それに比例して東京は物価が高いです。特に一等地は維持費だけでも非常に高く、オフィスの品質やアクセス面などが良ければよいほどお値段は基本的にかさみます。そのため、初期費用が心もとない時はレンタルオフィスを使用していくことになります。
レンタルオフィスは初期コストが低いだけではなく、管理業務をオーナーがしてくれるので面倒な管理をしなくてすむというのがポイントです。また、設備によってはネット環境なども完備しているのでわざわざネットの回線工事をしなくてすむ場合もあり、極端にいえばオフィスに入ってすぐにお仕事を開始できます。そのため、フットワークの軽さでいえば購入するよりも非常に軽く、効率のよいお仕事が行えます。その代わり、毎月の賃料や年ごとの更新費用、更にはオーサーが定めたオフィス利用のルールなどに従わなければならないなど様々な制約があるので全てにおいて優れているというわけではありません。
東京でレンタルオフィスを利用する方法として、オフィスではなく、マンションやアパートの一室をオフィスとして利用するという方法もあります。この場合、家賃などが極めて安価であり、物件によってはネット接続も行っているのでレンタルオフィスよりも安価で利用できることが多いです。しかし、レンタルオフィスよりも狭く、周りの足音がうるさいといった可能性もあるので必ずしも良いというわけではありません。